このサイトについて

このサイトについて

当サイトは育毛剤における、豊富な内容を提供していくサイトです。
育毛剤の分野につきましてのHPで、情報が豊富なHPは少ないと思います。
コンテンツを分かりやすくまとめるのと同時に、当分野以外の情報もご提供することによって幅の広い情報提供をしていくことがこちらのWEBサイトの強みとなります。
今後ますます育毛剤につきましてのコンテンツを調査してお届けしていきたいと思いますので、是非育毛剤選びのサポートガイドを使ってみてくださいね。
また、本サイトでは私が役に立つと判断した多くのWEBサイトへのリンクをしていきます。
ぜひ、こちらにつきましてもクリックしてみて頂ければと思います。
ご訪問していただき感謝いたします。



育毛剤についての基礎知識

ヘアサイクルについて

育毛剤を使う前に、まずヘアサイクルについてきちんと知っておくことが大切
毛根にある毛母細胞の「成長期」→「退行期」→「休止期」の3つ期間を繰り返すことで、髪の毛の1本1本が生えてきて、成長し、寿命を迎えて抜け落ち、また生えてきます。個人差がありますが、だいたい男性が2~5年、女性が4~6年だといわれています。 シャンプーなどで髪の毛がたくさん抜けると心配かもしれませんが、1日の抜け毛が100本以内であればそれほど心配される状態ではないでしょう。


薄毛の種類と原因

薄毛には、その原因によっていくつかの種類があり効果的な対処法も異なりますので、自分の髪がどのタイプなのかをしっかり把握しておく必要があります。
AGA(男性型脱毛症):生え際や頭頂部などが薄くなるタイプの薄毛
脂漏性脱毛症:過剰に分泌された脂質が毛穴を詰まらせてしまい脱毛を引き起こす
老人性脱毛症:歳をとって毛母細胞が働かなくなるもの
こうげん病性脱毛:膠原病が原因で起こるもの
栄養障害による薄毛:乱れた食生活などが原因で適切な栄養が届けられず、髪の毛が抜けてしまう


育毛剤の種類と効果

育毛剤の種類はさまざま。それぞれにメリットやデメリットがあり効果にも違いがあります。特徴をうまくい生かして自分の目的に応じた育毛剤を選ぶようにしましょう。
<育毛シャンプー>頭皮の状態を改善して抜け毛を防ぎ、発毛しやすい環境を整える
<塗るタイプの育毛剤>1日数回頭皮に直接塗布することで血行を促進、毛穴から栄養分を吸収させ抜け毛を減らすと同時に発毛を促す
<飲む育毛剤>サプリメントのように毎日飲むことで薄毛の解消に有効な成分を体の中から取り入れる
 

育毛剤の副作用

育毛剤の中には、副作用の可能性があるということは理解してから使うようにしましょう。
ミノキシジルはもともと降圧剤として使用されており、血圧の低い人が使うとさらに血圧が下がって頭痛やめまいなどの症状を引き起こす場合があります。内服するタイプのものは特に注意するようにしましょう。
テストステロンには男性ホルモンの一種を抑制する場合があり、稀に男性ホルモンの働きである性欲や精子が減少するなど、男性としての機能が低下する場合があります
塗るタイプの育毛剤や、育毛シャンプーなど、肌に直接触れるものに関しては、炎症などを起こす可能性もあります
 

育毛剤と頭皮マッサージ

育毛剤を塗ったり育毛シャンプーで髪を洗ったりするときに、同時に1日2回程度頭皮マッサージを行うと血行を促進するので効果的です。新しい髪の毛が生えてくるためにも、血行を促進して栄養不足を解消し、毛根の活動を活発化させることが必要なのです。
・頭皮を擦ったり叩いたりしない(場合によっては頭皮を傷つけてしまい、発毛の妨げになる。)
・指の腹をつかって、押したり揉んだりする。気になる部分を中心に頭全体をマッサージ。
・額と襟足の生え際付近や、頭頂部の周辺にある発毛を促すツボをマッサージする。


最新の情報

薄毛の種類と原因|育毛剤選びのサポートガイド  更新日:2013/7/31
ヘアサイクルについて|育毛剤選びのサポートガイド  更新日:2013/7/31
サイト利用規約  更新日:2013/7/31
個人情報に関する規約  更新日:2013/7/31
運営者  更新日:2013/7/31


育毛剤を使う前に

ヘアサイクルについて|育毛剤選びのサポートガイド